ニュース

馮超弁護士が強国フォーラムに招かれて参加し商標権の確定及び 権利侵害案件における「悪意」の定義などをめぐりスピーチ

1.jpg

馮超弁護士在が2018年強国知的財産権フォーラムでスピーチ

2018年強国知的財産フォーラムが6月2日と3日の2日間にわたり国家会議センターで開催された。今回のフォーラムは、強国知的財産権フォーラム組織委員会ならびに北京強国知的財産権研究院が主催し、AIPPIインターナショナルなどの機構や代表企業による賛助サポートを得て実施された。フォーラムでは「新しい時代における地底財産権強国の理論、法律と最善の実践」をテーマとして、最高人民法院知的財産権裁判法廷の夏君麗裁判長、福建省高級人民法院民事裁判第三法廷黄从珍副法廷長、広東省高級人民法院民事第三法廷張学軍副法廷長、中国政法大学教授で博士研究生の指導教授である馮暁青教授、華東政法大学知的財産権学院教授で博士研究生の指導教授を務める王蓮峰教授らが専門家が招かれてスピーチを行なった。北京天達共和法律事務所のパートナーである馮超弁護士も招かれて『商標権確定及び権利侵害案件における「悪意」問題の理解と発展』をテーマとするテーマスピーチを行なった。

馮超弁護士が2018年強国知的財産権フォーラムでスピーチ.jpg

馮超弁護士が2018年強国知的財産権フォーラムでスピーチ

Copyright©1998-2018天達共和法律事務所 京ICP備11012394号