法律への信頼

特徴

李蒼松弁護士は不動産、知的財産、紛争解決等の分野において豊富な実務経験を持っている。今まで又は今でもサービスを提供してきたクライアント様には、碧桂園地産、万達地産、越秀地産、金茂地産、北辰地産、新希望地産、陽光城地産、長航地産等が含まれている。10数件の大口テナント制定訴訟を引き受けたことがあり、20件近い大口テナント案件にリーガルコンサルティングサービスを提供し、「ボックス」製品によって引き起こしたネットワーク放送権関連の訴訟を引き受け、引き受けた2件の事件は上海及び湖北省にそれぞれ当年度の十大知的財産権代表事例として認定された。
  『科技と法律』誌に「バーチャル財産権の法律属性について」を掲載
  『法律観察雑誌』に「ハイパーマーケットテナント契約の前倒し終了の三つの要点」、「金融嵐における不動産売り場テナント紛争への対応」を掲載

専門分野

  • 不動産と建設工事不動産と建設工事

  • 紛争解决紛争解决

  • 企業法務とM&A企業法務とM&A

学歴

中南財経政法大学 法学修士
中南政法学院 法学学士

職歴

    • 2015-現在に至る

      天達共和法律事務所

      パートナー

    • 2006-2014

      湖北得偉君尚法律事務所

      パートナー

李蒼松

武漢パートナー

社会活動

武漢仲裁委員会仲裁員
最高人民検察院民事行政案件コンサルティング専門家ベースの専門家
武漢市投書陳情案件再審再照合作業専門家ベースの専門家

個人の栄誉

ニュース記事

学術的な観点

Copyright©1998-2018天達共和法律事務所 京ICP備11012394号