申暁雨

特徴

申暁雨弁護士は天達共和法律事務所データコンプライアンスチームの責任者で、ここ数年来、データコンプライアンスに関するリーガルサービスに専念し、多くのグローバル企業、大手企業に協力しデータコンプライアンスと個人プライバシー保護に関する法律実務を提供し、それには保険、信用調査、小売り、トラベル、チケット販売、化学技術、マスメディア、食品等様々な業界が含まれている。

それと同時に、申暁雨弁護士は投資合併及び会社法務にも精通しており、長年にわたり多くのグローバル企業及び大手企業の法律顧問として、企業の中国での投資、再編及び日常経営活動のために全面的なリーガルサービスを提供してきた。

申暁雨弁護士が携わってきた代表的なプロジェクトには(守秘義務のため、クライアント様情報を省略)、複数のグローバル企業のデータコンプライアンスに関するリーガルサービスプロジェクト、複数の世界トップ500企業のグローバル金融業務の再編プロジェクト、某世界トップ500食品生産企業の中国資産再編プロジェクト、某中外合資消費者金融業務再編プロジェクト、某中外合資医療プロジェクト、北京市金融局商業ファクタリング業界照合監督管理プロジェクト、某国際大型スポーツイベント向けの総合的なリーガルサービスプロジェクト等が含まれている。

申暁雨弁護士は法律とビジネス等総合的な観点から企業に関連ソリューションを提供することに長けていて、クライアント様の幅広い認知を勝ち取り、相次いで国際著名法律媒体である「The Legal 500 Asia Pacific」よりM&A分野の「推薦弁護士」として推奨され、中国国内の著名なオリジナル財経新媒体である「界面新聞」より「ベスト弁護士」として認められ、Who’s Who Legal(WWL)の「データ(中国エリア)2020年度法律専門家リスト」及び「2020年度LEGALBAND中国弁護士特別推薦枠トップ15:サイバーセキュリティとデータコンプライアンス」及び「2021年度LEGALBAND中国トップクラス弁護士ランキング(サイバーセキュリティとデータコンプライアンス)」にもランクインしている。申暁雨弁護士は北京市弁護士協会科学技術とビッグデータ法律事務専門委員会のメンバーでもあり、又、北京市弁護士協会渉外弁護士人材DB(越境投資、知的財産権及び情報セキュリティ分野)にも選ばれている。


専門分野

  • ネットワークセキュリティとデータ保護ネットワークセキュリティとデータ保護

  • 企業法務とM&A企業法務とM&A

  • ファイナンスリースとビジネスファクタリングファイナンスリースとビジネスファクタリング

学歴

2006年から2008年まで 北京大学 工商管理修士; 2007年から2008年まで 北京大学から米国シカゴ大学Booth商学院に派遣されてMBA交換プロジェクトに参加; 1997年から2001年まで 北京大学 法学学士;

職歴

    • 2014年-今

      天達共和法律事務所

      パートナー

    • 2001年-2014年

      天達法律事務所

      弁護士




申暁雨

北京パートナー

社会活動

個人の栄誉

ニュース記事

学術的な観点

Copyright©1998-2018天達共和法律事務所 京ICP備11012394号