信じれば見える

特徴

彭建新弁護士は、買収合併、資本市場と証券、商事紛争の解決などに特化したリーガルサービスを提供いる。法律を12年にわたり研究し、民商法理論に精通しており、商事取引における解決の難しいといわれる法律問題の処理や複雑な紛争案件の解決を得意としている。弁論能力が高く、クライアントから厚い信頼を寄せられている。現在までに、多くの著名な企業や行政機関のために、プライベートファンド、買収合併・企業再編、債券の発行、資産証券化、債務再編、持ち分権によるインセンティブ、コーポレートガバナンス、商事紛争などに関わる専門的なリーガルサービスを提供している。
また、彭建新弁護士の執筆した論文が「政治と法律」、「湖南社会科学」及び「法治研究」などのコア理論のほか、「商法」、「China Law & Reference」及び「イギリス弁護士」などの専門誌に掲載されるなど、文筆レベルには定評があり、業界内で高く評価されている。そのうち、「“双方による申請を原則とする”下での不動産登記制度の構築」と題した論文が「民商法学」に掲載され、中国民商法律ウェブサイトにその全文が転載されるなど、豊富な知識と深い理論に裏付けられた論文は非常に高い評価を受けている。


専門分野

  • 企業法務とM&A企業法務とM&A

  • 資本市場と証券資本市場と証券

  • 紛争解决紛争解决

学歴

2000年-2003年  中南財経政法大学 法学修士; 1995年-1999年  江西師範大学 文学学士;

職歴

    • 2017年-今

      北京天達共和(杭州)法律事務所

      パートナー

    • 2015年-2016年

      北京煒衡(杭州)法律事務所

      弁護士

    • 2014年-2015年

      浙江君安世紀法律事務所まで

      弁護士

    • 2002年-2003年

      上海錦天城(杭州)法律事務所

      パラリーガル


彭建新

杭州パートナー

社会活動

個人の栄誉

ニュース記事

学術的な観点

Copyright©1998-2018天達共和法律事務所 京ICP備11012394号