葉鵬

特徴

葉鵬弁護士はこれまで10数年間にわたって世界トップ500のグローバル貿易企業に勤め、同企業投資の会社を含めて、中国での企業グループの国際貿易と投資関連法務実務及びリスク管理、労務人事、政府公共関係等の組織管理業務を全面的に任され、会社法務と社内管理に関する豊富な経験を積み上げてきました。

葉鵬弁護士は現在では北京天達共和法律事務所のパートナーとしてデータコンプライアンスチームを率いています。葉鵬弁護士はこれまでに住友商事、三菱重工、住友化学、パナソニック等のグローバル企業及び中信集団、中儲糧集団、人民網、三峡集団、網闊信息等の国内外の大手、中堅企業に対し、サイバーセキュリティとデータ保護関連のリーガルコンサルティング、コンプライアンス体制の確立とコンプライアンス調査、企業M&Aと組織再編、労務人事紛争解決、貿易に関する行政調査の対応等を含め、さまざまなリーガルサービスを提供し、企業クライアントから厚い信頼を寄せられてきました。

葉鵬弁護士は現在、中国情報通信研究院クラウドコンピューティング&ビッグデータ研究所データセキュリティ推進計画エキスパートライブラリーメンバー及び南開大学外国語学院外部指導教諭をも兼務しています。


専門分野

  • 日本ビジネス日本ビジネス

  • ネットワークセキュリティとデータ保護ネットワークセキュリティとデータ保護

  • コンプライアンス業務コンプライアンス業務

学歴

南開大学 工商管理修士
国際関係学院 法学修士

職歴

    • 2019~現在に至る

      天達共和法律事務所

      パートナー

    • 2017~2019

      金杜法律事務所

      オブカウンセル

    • 2002~2017

      住友商事(中国)有限公司

      文書法務部副部長

    • 2002~2017

      天津住友商事有限公司

      総経理助理(兼任)

    葉鵬

    北京パートナー

    社会活動

    北京市弁護士協会会員

    個人の栄誉

    ニュース記事

    学術的な観点

    Copyright©1998-2018天達共和法律事務所 京ICP備11012394号