劉佳賀

特徴

劉佳賀顧問は、国際的なスポーツ仲裁(紀律処罰事件及びクラブと外国籍スポーツ選手とのトラブル等を含む)、大型スポーツイベントに関するリーガルサービス等に長けている。


劉佳賀顧問は前アジアサッカー連盟(AFC)専任法律顧問及び前アジアサッカー連盟司法機構(AFC道徳規律委員会、上訴委員会、加入承認委員会)副秘書を歴任し、アジアサッカー連盟法務部に任用された初めての中国籍の弁護士である。アジアサッカー連盟に在職期間中、百件を超えるアジアチャンピオンズリーグ、アジアカップ等の競技の中で発生した紛争事件を処理し、それには不正試合、ドーピング違反、人種差別、腐敗及びセクハラ等の事件をも含んでおり、又アジアサッカー連盟の代表としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)の公聴会に出廷し応訴したこともある。

専門分野

  • 文化スポーツメディア文化スポーツメディア

  • 紛争解决紛争解决

  • 知的財産権知的財産権

学歴

法律・経済高等学院(ISDE) スポーツ法修士
帝京大学 法学学士
北京語言大学 日本語学士

職歴

    • 2022-現在に至る

      天達共和法律事務所

      顧問

    • 2018-2021

      アジアサッカー連盟

      専任法律顧問(兼AFC道徳規律委員会、上訴委員会、加入承認委員会副秘書)


劉佳賀

北京顧問

社会活動

中国サッカー協会スポーツ選手委員会委員

個人の栄誉

ニュース記事

学術的な観点

Copyright©1998-2018天達共和法律事務所 京ICP備11012394号